アクリルスタンドを制作する時に知っておきたいこと!失敗しない5つのポイント

オリジナルのアクリルスタンドを制作する際には、失敗しないためにあらかじめいくつかのポイントを押さえておくことが必要です。

特に、コミケなどのイベントで出品を考えている人は、たくさん作ったのに失敗したのでは取り返しがつきません。

注文する時点で確認しておかなければいけない点、失敗しないためのポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

ポイント1:アクリルスタンドにはいろいろな種類がある

アクリルスタンドと言っても、種類は様々です。

台座にセットして自立するスタンドタイプもあれば、キーホルダーとして使えるチェーン付きのタイプ、また複数のアクセサリーや背景が付属としてついているジオラマタイプなどがあります。

ベーシックなフリースタンドタイプ

アクリルスタンドと聞いて多くの人がイメージするのは、台座にセットして立てておくスタンドタイプではないでしょうか。

台座の形などはオリジナルスタンドと合わせてデザインできることもあればできないこともあり、ショップや商品ごとに対応が異なります。

写真を使ったアイテムにピッタリ!キーホルダータイプ

自分や恋人、家族やペットの写真をつかったり、大好きなスターの写真や切り抜き、イラストをモチーフにして自作したいのが、キーホルダータイプです。

ボールチェーンがついていたり、キーリングがついているタイプなど、キーホルダーと言っても種類やスタイルはたくさんあります。

大きめの素材にピッタリなスマホスタンド

アクリルスタンドの中には、スマホスタンドとして使える商品があります。

1個から注文できる商品は多いですし、キーホルダーと比べると大きめの素材を大胆にプリントしてもらえるという点で、人気が高いアイテムです。

デスク周りのインテリアに最適なジオラマスタンド

ジオラマスタンドは、複数のアクリルスタンドがグループとなり、背景も加わることでミニチュアのジオラマを形成しているスタイルです。

1個からの注文に対応しているショップはありますが、複数のキャラクターをどんな風に配置するのか、どんな背景を使うのかという点で、工夫や独創性が求められる商品と言えます。

ポイント2:最小ロット数を確認すること

オリジナルのアクリルスタンドは、1個から注文できる商品もあれば、最低10個からとか最低100個からといった最低注文ロット数が決められている商品まで様々です。

1個から注文できる商品はたくさんある

個人で注文したい時には、同じアクリルスタンドは何個も必要ないから1個だけ注文したいということは珍しくありません。

オリジナルグッズの制作を行う業者の多くは、1個からの注文にも対応しています。

同じデザインでスタンドやスマホスタンド、キーホルダーなどを1個ずつ作りたいという人にとっては、余分な数を注文しなくて良いという点は大きなメリットです。

時期によって最小ロット数が変わる場合も

アクリルスタンドは、アクリルフィギュアと呼ばれていて、コミケの出品商品として人気が高いアイテムでもあります。

そのため、コミケに出品する業者や販売者の多くは、イベント前に制作業者へ注文を入れて、業者は大忙しとなってしまいます。

業者にとっては、大量注文で忙しい時期に1個からの注文に対応することが難しいため、コミケ前には普段は1個から注文できる業者でも、最小ロット数が吊り上げられることは珍しくありません。

あらかじめ理解しておきたいものです。

ポイント3:かかるコストを比較しよう

オリジナルのアクリルスタンドを制作する業者の多くは、商品のコストに加えて送料がかかります。

複数のショップを比較する際には、商品1個当たりの単価を比較するだけではなく、かかる送料も含めた単価を比較する必要があります。

注文数によって単価が変わる

アクリルスタンドに限らずオリジナルグッズの多くは、注文する数によって商品1個当たりの価格が異なります。

1個注文する場合には1,500円かかる商品が、100個以上注文するなら1個当たり300円になるということも珍しくありません。

それぞれのショップの最安値だけを比較しても、実際に自分が購入する際にいくらかかるのか性格な金額を知ることはできないでしょう。

価格を比較する際には、何個注文するのかを考えた上で、正確な金額を比較することが大切です。

送料も計算に含めよう

商品の価格が500円で送料が800円かかるショップと、商品価格が1,000円で送料無料のショップとでは、かかるコストのトータルを比較すると、商品価格が1,000円の方が安いということになります。

金額の比較をする際には、送料も含めた分を比較することが大切です。

ショップによっては、一定利用金額以上で送料が無料になるショップもあるので、少ない数で注文したい人は要チェックです。

ポイント4:配達までどのぐらいの期間がかかるのか?

オリジナルのアクリルスタンドは、注文を受けてから制作に入ります。

業者ごとに、自社工場でプリントしたり印刷を外注に出すなど様々ですし、工場から注文者へ直接発送しているショップもあれば、一度ショップ側に納品をした上でショップから注文者へ発送となるケースもあります。

製造工程が明記されているショップがおすすめ

ショップごとに、注文が入ってからどこでどんな風に制作され、注文者にはどこから発送されるのかという点は異なります。

そうした流れが公式サイトで明記されているショップなら、製造過程が分かりやすいので、納期の目安をつけやすいのではないでしょうか。

納期はだいたい1週間

一般的には、アクリルスタンドを注文すると納期は大体1週間程度のショップが多いです。

ただし、コミケ前などには注文が多くなるので納期は長くなる傾向にありますし、注文ロット数が増えると納期は長くなりやすいでしょう。

ポイント5:サイズは多種多様、ピッタリの大きさを選びたい

オリジナルアクリルスタンドのサイズは、商品ごとに異なります。

どんな風に選べばよいのでしょうか?

サイズは5cm~30cmとバラエティ豊か

アクリルスタンドのサイズは商品ごとに異なり、小さなものは高さ5cm程度のものもありますし、大きめのサイズだと30cm以上もあります。

さらに大きな特注サイズなども、ケースバイケースで対応しているショップも見つけることができるでしょう。

制作したオリジナルアクリルスタンドをどこでどんな風に使いたいのかは人によって異なるため、まずはどのぐらいのサイズのスタンドが欲しいのかを決めた上で、ピッタリの商品を見つけると良いでしょう。

台座の形や大きさも考慮したい

オリジナルのアクリルスタンド制作では、スタンドが自立するための台座についても、スペックを詰めていきたいものです。

台座パーツはスタンドの大きさや高さ、形によってバランスが取れるような調整がされていますが、色や形などを選べるショップもたくさんあります。

オリジナルのアクリルスタンドはバラエティ豊か、だから楽しい

オリジナルのアクリルスタンドを制作する際には、どんな大きさでどんなタイプのスタンドを作るのか、そしてどこにおいてどんな風に使いたいのかを頭の中でシミュレーションした上で注文すると良いでしょう。

ショップごとに単価や送料、最小ロット数は異なるので、後から失敗しないためには事前に比較することをおすすめします。